神奈川県秦野市、丹沢山系の麓で、有機農業をやっています。

農園だより

BLOG

南岸低気圧のあとは春一番

 先週、南岸低気圧が通過し、丹沢の山々は雪景色となりましたが、その後の天気は、ぽかぽか陽気。そしてついに本日春一番が観測されたと報道がありましたね。  この強風で畑の防寒用のビニールトンネルの多くは吹き飛ばされてしまいま

続きを読む»

本格的な厳冬期到来

ここ、神奈川県秦野市、丹沢の麓にも本格的な冬がやってきました。早朝の畑はすっかり霜姿。 夏場に元気だった雑草たちも枯れ、ホトケノザ、ハコベ、カラスノエンドウなどに様変わり。一部の作物は冷害も受けています。 高価格を狙って

続きを読む»

秋の味覚収穫

10月に入りやっと暑さが和らぎ、秋の味覚を収穫中。さつまいも(シルクスイート)の試し掘り。 大きさ・形は、まずまずですが、相変わらず、ハリガネムシ、コガネムシの食害を受けています。有機栽培では仕方ありません。もう少し太ら

続きを読む»

イチジク収穫中!

イチジクの収穫が始まっています。昨年に植え付けをして、出荷レベルの果実が採れるようになりました。 この圃場は、実験的試みとして、多くの品種のイチジクを植えております。実際に自分で栽培・販売してみて、栽培難易度、品質、収量

続きを読む»

トマトが豊作

関東地方は梅雨明けしましたが、ここ丹沢秦野市では、7月にはいってほとんど雨が降っていませんでした。 お陰で、水の吸収過多によるトマトの裂果がほとんどなく豊作で、味も甘くて旨味が増しています。 写真は、イタリアの伝統的調理

続きを読む»

スイートコーン収穫中

 スイートコーンの収穫が始まっています。品種は、最近メディアでも取り上げられている「ドルチェドリーム」。二色の黄色粒と白色粒が混じったバイカラー種で、一本が400g以上にもなる大型の品種です。  特徴は、なんといってもそ

続きを読む»

狩りバチハウス

狩りバチとは、花の蜜や花粉などを集めるのではなく、昆虫やクモ類などを捕まえて幼虫の餌とするハチの仲間のことです。 いろんな習性のハチがいるのですが、なかでも小さな穴に巣を作るハチたちを呼び寄せるため、彼らのためのすみかを

続きを読む»

サラダに好適な野菜たち

当園Facebookでもシェアしたロメインレタスを始め、サラダケール、赤たまねぎ、オレンジカリフラワー、そしてヤングコーンと洒落たサラダの野菜が取れ始めています。 ロメインレタスはサラダだけでなく、焼くとても美味しいとい

続きを読む»

援農に来ていただきました

少し前のことですが、友人たちがお手伝いに来てくれました。 里芋、生姜の植え付け、パプリカの定植、落花生の種蒔きなど。 今回は、かわいい助っ人が一名。友人のお子様、3歳の男の子。農作業はもちろん初めての体験、土いじりや草原

続きを読む»

新玉ねぎ収穫中

昨年植え付けした玉ねぎのうち、早生の品種の収穫が始まっています。 あんなに、ちっちゃなへなちょこ苗でさらに植遅れで霜柱にやられて生長が遅れていましたが、立派に育ってくれました。 今の時期しか食べられない新玉ねぎ、スライス

続きを読む»

カラフル野菜スイスチャード

 赤、黄色、白、ピンクなどの葉柄、葉脈が特徴のスイスチャード。 見た目も鮮やかで、サラダ、おひたし、炒めものなど広く調理できます。  ほうれんそうの仲間なのですが、新しい葉はほうれんそうほどえぐ味はなく、生でも食べやすい

続きを読む»

土壌医検定2級に合格しました

 日本土壌協会が主催する土壌医検定2級試験に合格しました。  本検定は、地力の低下、土壌病害の発生等や生産コストの低減などという課題を解消する土づくりの専門家の育成を目的として設立されたそうです。  試験は、四択のマーク

続きを読む»

果樹剪定セミナー

 神奈川県小田原市で開催された、果樹の剪定(仕立て方)セミナーに参加してきました。小田原市は、梅の産地で有名ですが、その梅林近くの高台が、講義実習の農園。ちょうど、梅の花が満開で、相模湾も見渡せる絶景ポイントです。  今

続きを読む»

もみ殻くん炭、培土、ぼかしづくり

野菜の種まき、育苗用の土は、一般に売っている育苗用の培養土では、化学肥料が入っているので、有機農業では使えません。そこで、有機JAS認証を取得した培養土を取り寄せて使うのですが、今季、予定より種まき量が増えて培養土が足り

続きを読む»

春夏野菜の種まき

2月4日は立春。暦の上では、今日から春です。ということで、春夏野菜の種まき。 種屋さんから、いろんな野菜の種を調達。とくに今年は、西洋野菜にチャレンジ。トップ写真の種の袋の下段がイタリア野菜。リーキ(ポロネギ)、調理用ト

続きを読む»

蓑毛ベリー園グランドオープンお手伝い

 神奈川農業アカデミー(農業大学校)時代の同級生が秦野で新規にイチゴ&ブルーベリー園を開園しました。今日は、イチゴ摘み取り園の新規オープン!ということで、お手伝いに行ってきました。  6連棟のビニールハウスのうち、5棟に

続きを読む»

ニンジン収穫最盛期

 厳しい寒さで、甘みが強まってゆくニンジン「筑摩野五寸」。有機栽培推奨品種です。甘みがあるのに、ニンジンらしい懐かしい香りがするニンジンです。ワイルドに生でポキポキ食べるのが私は好きです。 十分育ったので、収獲してゆきま

続きを読む»

援農に来ていただきました

 収穫、植え付けが後手後手と遅れ気味になる中、友人たちが手伝いに来てくれました。今期最後のサツマイモ収穫、玉ねぎの植え付けなどお手伝いいただきました。また、ニンジンの収穫体験をし、スポスポとニンジンを引き抜く面白さを体験

続きを読む»

Mountain Sports Conference出張販売

12/3〜12/4にかけて、東京あきる野市のキャンプ上で開催されたMOUNTAIN SPORTS CONFERENCE(MSC)に出張野菜販売してきました。本会は、トランスジャパンアルプスレース(TJAR)の歴代選手が多

続きを読む»

ドラム缶焼き芋焼き器

近所の鉄工所に友人がおります。農機具部品の修理など金属加工の相談にいろいろ乗っていただけます。 さつまいもの収穫で、形や外観が悪く出荷できない規格外品がたくさん出ているため、なんとかそれを有効利用できないものかと考え、ド

続きを読む»

援農に来ていただきました

収穫、植え付けが重なる繁忙期、友人たちが手伝いに来てくれました。落花生を収穫しきって、ブロッコリーの植え付け、里芋の収穫をお手伝いいただきました。また、収穫が始まったニンジンの収穫体験していただきました。 おかげさまで、

続きを読む»

オクラその後の生長

オクラの生長がやばいです。どんどん伸びて、脚立に乗っても手を伸ばさないと収穫できない。脚立の最上段の高さが、約1.2m、わたしの身長が1.7m弱。それで、手を伸ばさないと届かないということは、3m以上育ちました(危険です

続きを読む»

葉付きニンジン

ニンジン「筑摩野五寸」(ちくまのごすん)がよく育ってます。固定種の伝統品種です。最後の間引苗を、葉人参として、JA直売所「じばさんず」に出荷。ご好評を頂いたようで、試しに作ったパック、すぐ売り切れました。農薬を使っていな

続きを読む»

農業Week2022視察

幕張メッセで開催された農業関連の展示会「農業Week」に行ってきました。ドローンやITを駆使した「スマート農業EXPO」「畜産資材EXPO 」はほぼOut of 眼中。「農業資材EXPO」「6次産業化EXPO」に焦点。

続きを読む»

サトイモ収穫

サトイモの収穫の時期です。天気の良い時を見計らって、サトイモ掘り。 小芋・孫芋を外してばらばらにします。 でも、その後が大変。ほぼ全部の芋にあるひげ根とささくれた皮を取らねばなりません。 今年同じく新規就農した友人が「サ

続きを読む»

体験農業

山岳スポーツの友人らが畑を手伝いに来てくれました。いわゆる農業体験スタイルで、作業をしていただきました。 今回は、ブロッコリーの苗の植え付け、ニンニクの種球根植え付け、その他、落花生、オクラの収穫体験をちょこっと行ってい

続きを読む»

夕焼け富士

今日もいろいろ作業して、最後にニンニクを植え付ける畝に元肥を施肥。 作業が終わったらすっかり暗くなり、富士山が夕焼けに映えます。 数日前には、ダイヤモンド富士が見られたはずなのですが、天候悪く見逃しました。明日もいい天気

続きを読む»

彼岸花

先週に引き続き、今週も台風余波の豪雨。修復したニンジン、ブロッコリーの幼苗は再び豪雨の餌食に。 台風一過の好天下と満開の彼岸花が苦労を癒やしてくれます。 キアゲハが満開の彼岸花に映えます。 でも、この子達は、まだ小さいニ

続きを読む»

台風襲来準備

今夜、台風14号接近も、まさに嵐の前の静けさ。とても穏やかな夜です。 直撃は免れそうですが、それに伴う昨日からの豪雨が少なからず農園に影響。 圃場では、間引前のニンジンの畝の真ん中に雨水の濁流が生じ、土が流されています。

続きを読む»

イチジクの樹形づくり

イチジクの仕立て方の一つに「一文字仕立て」という樹形があります。その樹形づくりの最初の第一歩。 余計な枝は、切り取り、主肢となる枝2本を約45°に誘引します。 来年の春先には、主肢を水平にまで持って行き、そこから実をつけ

続きを読む»